西郷どん12

第12回「運の強き姫君」。
島流しになっていた大久保次右衛門が帰ってきます。
大久保家や西郷家の人々は喜びますが、
次右衛門は自分の帰還を祝う人々の中に、
西郷吉兵衛が居ないのを悔やみます。

一方、江戸では篤姫の輿入れが遅いのを、
幾島が痺れを切らして島津斉彬に聞くと、
斉彬は「色々と働きかけているが、
思うように進んでいない」との答えます。

幾島は大奥の力を借りて、輿入れを進める策を提案。
斉彬は、幾島の策に乗って輿入れの件を任せます。

幾島役のナンノのクサイ演技はなかなか良い。
ひかえぇ~い」の言い方はマネしたくなりますね。

篤姫自身も話が進まないのを不安に思っていたようで、
西郷に力を貸してくれと頼みます。
西郷は、将軍が大うつけで子が出来ないと聞いて複雑な心境。
でも大うつけなだけなら子は出来ると思う。

幾島は西郷と品川宿のキャバクラ(笑)へ。
色々と手を尽くして情報を探り、西郷は接待を重ねます。
まるで「夜の商工会議所」じゃないですか?
たぶんそっち系が好きな人が演出にいるのでしょう。

で、幾島は将軍の母本寿院までたどり着くのですが、
ピン子扮する本寿院は超怖い!
でもナンノのクサイ演技はそれをも取り込み、
篤姫は丈夫で運が強いとアピールし、
後押しの約束を取り付けます。

アホの将軍に本寿院は早く御台所を決めろとせっつき、
錦絵を用意してこの中から選べと言う。
アホは庭に出てアヒルという名の(合鴨?)が、
死んでると嘆く。みんな予を残して死んでいくと言い、
死なない姫はどれじゃと本寿院に聞き、
本寿院は死なない者など居ないが、
丈夫で運が良いのは篤姫だと進める。
アホはじゃあこれにすると言い、御台所は篤姫に決定。

篤姫と幾島、そして斉彬も喜びますが、
西郷は篤姫の行く末を案じ浮かぬ顔。
そして篤姫と幾島が下がった後、
西郷は斉彬にそのことを話す。
これを偶然聞いていた幾島は態度を硬化させ、
篤姫を強く鍛えることを決心します。

斉彬はとうとう篤姫に将軍の事を話す。
篤姫は驚きますが、
斉彬の為ならば不幸になっても構わぬと了承します。

安政の大地震が発生し、薩摩藩邸は崩壊。
斉彬の無事を確かめた西郷は、
篤姫の下へ向かい篤姫を助ける。
篤姫はどこか遠くに一緒に逃げてと西郷に言うと、
西郷はお供しますと答えますが
篤姫はもう良いのじゃと去っていきました。

今回の主役は幾島ですね。
西郷どん」初めて面白いと思った。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。