西郷どん32

第32回「薩長同盟」。
一橋慶喜はフランス公使ロッシュを招き、
兵庫に軍艦を差し向けるよう求めます。
英、仏、蘭の連合艦隊が兵庫に現れ、京の町は大混乱。
幕府は異国の力を利用し、朝廷に揺さぶりをかけ、
長州征伐の勅命を引き出そうという狙いらしい。
外国の圧力と長州征伐にどういう関係が・・・・?

で、再征伐の勅命が下るのですが、
大久保は「非議の勅命は勅命にあらず」の書き付けを作り、
それを世間に広めます。
この書き付けは長州にも渡り、桂小五郎も読むのですが、
桂は薩摩を信じていない様子。
その際、伊藤俊輔のセリフに「高杉先生をはじめ・・・」と、
セリフにて晋作が登場しますが、たぶんこれで終了。
薩摩では有村俊斎改め海江田武次大山格之助に詰め寄り、
「長州とは組めん」と怒鳴りちらします。
こいつのこういうスタンスは、
後の大村益次郎との確執への複線??
なんだかとっても鼻に付きます。

西郷は長崎に赴いて坂本龍馬に会う。
薩摩が銃を買って長州に横流しするかわりに、
長州から米を買いたいという案を龍馬に話し、
この話に乗った龍馬は長州へ向かいます。

しかし桂は薩摩とは手を組むことは出来ないと突っぱね、
龍馬の話に取り合おうとしませんが、
兵卒達の悲壮な話を盗み聞いて、西郷に会う事を決意します。

京で西郷らに会った桂は、強気な要求を突き付けますが、
西郷は明日までに回答すると言って別れ、小松帯刀に相談。
話し合いの末、この要求を呑むかわりに、
薩摩からは頭を下げず、
長州が頭を下げるまで何も言わない事を約束する。

で、長州との会談。お互い何も言わぬまま時間が過ぎ、
そこへ海江田や大山らが現れ、
同盟を阻止しようと怒鳴り散らします。
西郷は一括しますが、桂は同盟をあきらめて帰ろうとする。
それを西郷が止め、伊藤が英国から届いた写真を出し、
薩摩人と長州人が異国で手を取り合っているという事実を話す。
西郷は自ら頭を下げ、薩摩の一同もつられて頭を下げ、
桂は我々の負けだと言い、薩長は手を取り合います。

フィクションだらけですが、悪くない薩長同盟でした。
従来のスタイルでは龍馬が西郷を説得し、
西郷が頭を下げるというもの
でしたが、
異国から届いた写真をきっかけに、
両者が近づくというのは新しい。
龍馬も全面に出てないわりに存在感があって良かった。
昨今のドラマの中では、
一番良い薩長同盟だったんじゃないでしょうか?

もちろん史実の薩長同盟はこんな簡単じゃありません。
もっともっと多くの人々が関わっていますし、
薩長同盟だけを題材にした映画があっても、
おかしくない位のスケールですが、
まあ西郷の人生を描いたドラマとしては上出来でしょう。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。