西郷どん16

第16回「斉彬の遺言」。
島津斉彬の死を月照より聞いた西郷。
なぜ斉彬の死の知らせを月照から受け取るのかは謎。

西郷はこうなったら水戸に兵を出して貰うほかないと、
突拍子もない事を言いだします。
で、近衛と月照がを出して貰うとの事。
これが戊午の密勅でしょうね。
先週の幕府への勅はなんだったのでしょう?

一橋慶喜井伊直弼に会いに行きますが、
かなりバカにしたようにうまくかわされます。
徳川斉昭も同じく井伊にかわされています。
この辺の井伊の態度。悪くないですね。

西郷は斉昭のもとに向かいますが門前払い。
仕方なく西郷は慶喜の所へ向かいます。
そこで斉昭が蟄居させられたと知り、
慶喜もいずれそうなるであろうと聞かされる。

西郷は必死に水戸に動いてもらうように嘆願しますが、
そんなにするなら自藩をどうにかしたら?って思う。
西郷は京に戻り、近衛や月照に報告。
月照は西郷が死ぬつもりだと察して生きる事を説得する。

そして安政の大獄が始まり、近衛や月照にもその手が及ぶ。
西郷は月照を薩摩に連れて行こうと計画。
橋本佐内と別れて薩摩に向かいますが、
佐内は幕吏に捕まってしまいます。

西郷と月照は道中を急ぎますが、幕吏が迫っていると聞き、
西郷は絶望して自刃しようとします。
斉彬の幻影で自刃を思いとどまりますが、
なんて無責任な・・・残された月照はどうなる?
こういうところがちらほら出て来始めました。
人間の弱さを表現したいのでしょうが、
なんか違うなと感じるのは僕だけでしょうか?

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。