西郷どん6

第6回「謎の漂流者」。
なんだか「花燃ゆ」以上のトンデモ展開になりそうで怖い。
そんな悪い予感がしてきました。

藩主島津斉彬と相撲を取って勝ってしまった事で、
牢屋に入れられてしまった西郷。
これだけでもマンガのような話なのですが、
牢に居たのは洋服を来て英語を話す謎の男
この時点でこれが誰だかピンと来る訳ですが、
この展開もマンガでありそうですね。

西郷が切腹させられると聞いたは、
西郷が捕まっている西田下会所へ走り出します。
吉二郎は追いつけず、先を進む仲間をも追い越して!
薩摩隼人足腰弱いな・・・。

牢番らしき男が食事を持って来るのですが、
その牢番が謎の男に襲いかかりってきたので、
西郷は男を投げ倒して、謎の男と牢を脱出。
なんでそんなんで牢から抜け出せるのか?
まあ、あとから理由がわかるのですが、
そんなバカな・・と突っ込みたくなるような理由でした。

西郷は謎の男を連れて家へ帰り、雨戸を閉めて匿います。
いやいや牢から逃げたのに、家に帰ったらダメでしょ普通。
謎の男はジョン・マンと名乗り、西郷家でもてなすのですが、
実は西郷は、ジョンが密偵かどうか調べろと命令されていたようです。

ジョンは西郷家を逃げ出そうとするのですが、見つかってしまう。
その際、土佐にいる母に会いに来たと漏らし、
西郷はその旨を斉彬に伝え、斉彬は母の行方を探させます。
半年後、ジョンの母の消息がわかり、ジョンは自分の事を語り始め、
自分が帰ってきた理由や、ラブ(笑)について語り始める。
それまでの半年間、西郷家でどんな暮らししてたんだろ??

ジョンは斉彬に招かれ、異国の事などをフランクに話します。
色々とペラペラと持論を展開してますが、斉彬はそれに感銘。
ジョンは自分の知識を教授し、斉彬は早速蒸気船造りに着手する。

西郷は斉彬に呼ばれ、褒美を取らせるから行ってみよと言われる。
それに西郷は大久保父子の赦免を訴え、
斉彬はわかったから少し待てと言って去る。
また、西郷が牢で倒した牢番が斉彬の手の者だと知らされ、
西郷を試すためだったとの事。何を試したの??

糸は外出を堅く禁じられていたようですが、
なんだか簡単に外へ出る事ができ、大久保の説得によって、
西郷に告白することになります(笑)。
糸の告白に対しての西郷の反応は良かったです。
しかし、西郷のKY発言により、嫁に行くことを決め、
まもなく糸は海老原家に嫁いで行きました。

/////6////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。