八重の桜22

第22話 弟のかたき

川崎尚之助が、三郎と覚馬の死の知らせを持って江戸から帰還します。
兄弟を失った八重。息子二人もいっぺんに亡くした両親。夫を無くした嫁。
どんなに打ちひしがれたでしょう。
幸いにも僕はそのような経験がありませんので、想像でしかありませんが、どんなことをしてでも仇を討ちたいと思うでしょう。

勝海舟は西郷隆盛に江戸城総攻撃の中止を嘆願します。
これにより矛先が会津に向かうとのナレーション。
そんなに簡単なものではないですが・・・。

しかし、勝が嘆願せずとも、江戸は徹底抗戦はしないでしょうね。
総大将がやる気ないし、まとめる人間もいません。

そんなこんなで会津の落日が迫ります。

世良修蔵 役の小沢仁志は、ほぼヤクザですね。
これもなかなかハマリ役かもしれません。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。