八重の桜27

第27話「包囲網を突破せよ」

タイトルからして大蔵の入場の件だと思いました。
会津戦争は悲惨な話ばかりですが、唯一と言っていいほど痛快なエピソードです。

中野竹子達は共に戦えないのであれば、自決すると言い出します。
萱野権兵衛は仕方なく了承しますが、結局死んじゃいます。
薙刀って重そうですが、なんで女性は薙刀なんでしょうね。
槍のほうが軽そうなんですが・・。

神保雪は捕まります。
敵に脇差を借りて自害してしまいます。
ほんとに悲しいお話です。

西郷頼母は相変わらず恭順を勧めます。
ええかげんにしなさいってなもんで容保に城から出ろと言われます。
まあ仕方ないね。
その後、箱館まで戦い続ける意味がわかりません。
やっぱあんまり好きになれん・・・(西田敏行は好きです)。

・・・でも意外と会津戦争長くやりますねぇ。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。