八重の桜34

アメリカ留学から新島襄が帰国します。
オダジョーの本格始動ですね。

覚馬の援助を受け、京都に英学校をつくるため動き出します。
一方、八重は、覚馬に促されてキリスト教の勉強を始めます。

戦後、アメリカへ留学をしていた山川健次郎は、5年間の留学を経て、
日本に帰ってきます。
佐川官兵衛は警察の制服で登場します。獅堂はこういう無骨なのは似合いますね。
大蔵改め浩は佐賀の乱で左手を無くしています。
・・・・って佐賀の乱はスルー??
(まあ、萩の乱もいつものように当然スルーです。)
そういえば、薩長土肥で、土佐だけ反乱ないですね。

そんなこんなですが、いきなりジョーは八重にプロポーズします。
ああ・・やっぱ尚之助はうらと同じくわすれ去られていくのね・・。

・・・と、思ったら予告で出てますね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。