八重の桜31

第31話 離縁のわけ

八重のもとに、尚之助から離縁状が届きます。
尚之助は米取り引きで詐欺に遭い、取り引き先から訴えられた。
離縁状には詳細は一切書かれておらず・・。
尚之助は斗南藩からも見捨てられます。
しかし、サブタイトルの「離縁のわけ」のわりには、
八重・尚之助のお話はさらっと流すよう・・・。

今回はうらの女の意地につきます。
覚馬に内縁の妻と娘がいるということが判明し、
うらは八重たちと別れて会津に帰ります。
9年も待ってて連絡があったと思ったら、若い子に子供作らせてただなんて、
たしかに普通にブチギレますね。

・・・なんだか似た感じのパターン・・・。
われらが高杉晋作も、国許の妻「まさ」と愛人「うの」がいましたね。
少し違うのは、晋作はまさに対してちゃんと手紙をマメにして連絡とっていた事と、
妻が跡取りを作っていたこと。少しというかだいぶ違うか・・・。

覚馬君・・。連絡とかプレゼントとか女性には大事ですよ。
まあ・・目が見えないと手紙書けないもんねぇ・・。

しかし、うらの手。皆さん気がつきましたか?
アカギレだらけでした・・・。
京の時栄は綺麗な着物で出迎えます。
このシチュエーションがうらに同情を誘いますね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。