八重の桜14

第14話は新しい日々へ

8月18日の政変、池田屋事件、禁門の変、下関戦争と、怒涛のような時の流れが小休止して、八重の結婚のお話がメインです。

尚之助が酔いつぶれ、それを八重が担ぎ挙げるシーンは、本当に綾瀬はるかが担いだそうです。
あんまりそうは見えなかったが・・。

その頃、覚馬の目に異変が・・。
医者の診断結果は、失明は避けられないと・・。
覚馬はがく然とします。

一方、薩摩の西郷、大久保らは、岩倉具視や松平春嶽と会見。
幕府方とは別の動きを見せる。

岩倉具視は小堺一樹です。良いんじゃないでしょうか?
このドラマの配役はとっても素敵ですね。
こういう脇を固める俳優陣がとってもいい味出してます。

・・とはいうものの、長州方の描かれ方がズサンです。
桂小五郎が長州を纏め上げたような描写になっています。
功山寺決起には桂は亡命中。まとめあげたのは、われらが高杉晋作なんですが・・。
まあ、長州方の人物をいちいち描写できないんでしょうけど。
ミッチー扮する桂小五郎は、桂小五郎+高杉晋作ってとこなんでしょうね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。