八重の桜40

第40話 妻のはったり

譲の両親が来ます。尚之助の時もマスオさん状態だったんで、
旦那さんの両親に気を使うことがなかったでしょうね。
そういえば、尚之助の両親は?きっと長男じゃなかったのでしょうね。
全く血縁がかんじられませんでしたが・・。
出石藩の医師の子らしいですが・・。

八重は襄の父親に傷の訳を聞かされます。
僕も実は額に傷があります。酔っ払って電柱に突進した傷です(笑)。
でも、そういうのでできた傷と刀傷は違いますよね。

覚馬は京都府議会議長になりました。
高島兄は覚馬を完全に敵視したようですね。

同志社は、クラス編成の変更で、生徒たちはボイコット。
なんやかんやで、襄は生徒達に侘びますが、
自分が罰をうけると自らの手の甲を打ち据えます。
その姿を見た学生たちは、感動して譲の腕を止めます。
おお!学園ドラマだ~!

徳富猪一郎は、騒動の責任を取って同志社を退学します。
後に、安土桃山時代から西南戦争までを網羅した歴史書「近世日本国民史」を執筆した、
ジャーナリストの徳富蘇峰ですね。

生徒はいっぱいいて誰が誰かよくわからん・・・。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。