八重の桜48

第48話 グッバイ、また会わん

とうとう襄は死んじゃいます。
体調を崩して大磯の旅館で療養しますが、
そこの旅館の名前は「むかでや」?
ムカデとは百足と書くんだ~と一つ勉強になりました。

山川家には梶原平馬が死去したとの報を、MEGUMIが持ってきます。
そういえば出てたな・・。出た当時誰役だったかな?と思ってましたが・・・。
大河ドラマも終盤になると人がばたばた死んでいきますねぇ。

気がかりなのは、八重さん、あなたのことだけです。
あなたを置いて先に逝くことだけが……
襄の死後、金銭感覚のおかしな八重は、
財産を食いつぶして借金をしてしまうらしいですが、
このセリフ聞いてお金のことがよぎったのは僕だけでしょうか?

襄の死の余韻・・とか、もうなれっこなので文句も言いますまい。
八重は、日本赤十字社の篤志看護婦の仕事を始めます。
捨松再登場です。
包帯を巻くのが上手いからって医者にはなれないとはおもいますが、
会津戦の負傷兵の手当ての経験が役に立ったのは事実でしょうね。

帝国議会では、日清戦争の影がちらついてきています。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。