八重の桜24

第24話 二本松少年隊の悲劇

西郷頼母が恭順を主張しますが、重臣たちに猛反対されます。
容保は西郷の白河口総督の任を解く。

西郷頼母という男は、あまり好きではありません。
里見浩太朗、北大路欣也、西田敏行と名優が演じていますが、なんだか一貫性がなく何がしたいのかわかりません。

たしかに京都守護職を反対したり、新政府軍との恭順を勧めたり、結果的には、言うとおりにするべきだったとの意見もあるでしょうが、結局何もしてないし、会津降伏後は何故か箱館まで戦うし・・・。
この人が主役級の扱いになったのは、一族の自刃という悲劇があったからではないでしょうかね?

そんな中、二本松藩が新政府軍に攻められます。
少年隊も出陣しますが、次々やられていきます。

ダルマを持ってる子は、「家族ゲーム」の回想に出てた男の子ですね。
「家族ゲーム」では自殺しますし、「八重の桜」では戦死します。
1ヶ月の間に2度も死んじゃうとは末恐ろしい子役ですな・・・。

でも、なんでしょうな・・。あんまり悲劇の描写が微妙というか・・。
大河ってこんなものですが、バックに堀内孝雄かさだまさしの曲が流れる中、銃弾に倒れる・・・って感じが涙を誘うのですが・・。
(それじゃ日テレの年末時代劇スペシャルだな・・)

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。