八重の桜37

第37話は「過激な転校生」

なんだか一昔前の学園ドラマのサブタイトルみたいです。

熊本バンドと呼ばれる、元熊本洋学校の生徒達が入学してきます。
でもなんだか見ていてしっくりこないんですよ。

同志社に助けを求める感じで入学してきたのに、
かなり偉そうに振舞って、挙げ句の果てに襄の解任を求める始末・・。
普通は辞めさせますな・・。
そこまで偉そうに出来る意味もよくわからんし、そこまでやられて辞めさせない理由もわからん。
結局、襄の男泣きと八重の手製の制服(?)のおかげで、なんだかうまくまとまった感じ・・・。なんじゃそら・・。

こういう人と人との心理描写が、このドラマは下手ですねぇ・・。
熊本バンドの連中が、手を挙げるとき人差し指を立てるのとか(意味は知りませんが)、細かい描写はすごく丁寧なんですけどね。

連中は八重のことを鵺と表現します。確かにね。
明治のファッションは鵺です。
だが、それがいい!(by花の慶次)
着物に帽子と靴。素敵ですよね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。