八重の桜42

第42話 襄と行く会津

今回はいいですね~。総集編みたいな回でした。
ここ数回で一番良かったです。
懐かしい顔がたくさん出てました。

冒頭は、有名な事件「岐阜事件」です。
教科書にも載ってる「板垣死すとも自由は死せず」ですね。

さて、襄と八重は、みねと伊勢と共に会津へ旅行に行くことになります。
覚馬は行きません。どのツラ下げてうらに会いに行けるんだって感じですね。
まあ、当時は盲目の人が長旅するのは、不可能だったのかもしれませんが・・。

会津は変わっていたが、山本家の角場の跡を見つけ、思い出に浸ります。
回想シーンには、懐かしいキャストがいっぱい。
小栗旬の吉田松陰や、子供の頃の八重ちゃん、お父さんや三郎、
もちろん尚之助も出てきましたね。

その後、山本家の使用人であったお吉に再会します。
なんと、同じ使用人であった徳造と夫婦に・・。
史実か?いや・・まずこの二人は実在人物なのか?まあどっちでもいいですが(笑)。
二人にうらの消息を聞きます。

そしてうらと再開。これまた懐かしのハセキョーです。
子供としては実の親に結婚を報告したいでしょうね。
立派に育った我が子に涙する感動シーンです。

最後に場面が変わり、捨松のお話です。
あ、捨松すっかり忘れてたw。
ここでも懐かしの山川家の面々が登場ですね。

鹿鳴館・・なんか次回も面白そうだな~。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。