八重の桜46

第46話 駆け落ち

みね夫婦に男児が誕生します。佐久さんひ孫ですよ。元気ですね。

・・・しかし、みねは産後の肥立ちが悪く、死んでしまいます・・。
これは辛いですね。昔の人は出産も命懸けなんですね。
出産で死ぬなんて考えられないほどの悲しみでしょうね。
タイムスクープハンター」で江戸時代の出産の回を見たことありますが、
江戸時代は出産後お母さんは、7日間は眠らずに、
座り続けていなければならなかったらしいのですが、
この時代はどうだったのかな?

久栄は徳富健次郎と駆け落ちを計画します。
しかしこの徳富健次郎、煮え切らないかんじですね。
一度は駆け落ちしようとしながら、結局一人で東京へ行ってしまいます。
まあついて行かんでよかったんじゃないですかね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。