八重の桜5

第5話は松蔭の遺言です。

覚馬の嫁うらが子を身ごもりますが、覚馬を襲った暴漢の襲撃の巻き添えで、流産してしまいます。その件もあってか、むやみに人を襲う攘夷派に怒りを覚える覚馬。
しかし、松蔭も攘夷をうたって、幕府に捕まり処刑されてしまいます。
攘夷派を恨む一方、攘夷派の松蔭の死を痛む。
江戸では、桜田門外の変が勃発。それにより水戸藩討伐について親藩譜代が話し合い、容保は水戸藩を擁護し、水戸藩討伐に傾いた流れを変えることになります。

小栗旬の松蔭が、処刑されてしまいます。狂気をはらんだ演技がいい味出してたんじゃないでしょうか?
事実は、幕臣の勝や、会津の覚馬がそこまで松蔭の死を痛んでたかは知りませんが、松蔭の死が一大事件になってます。
ちょっと意見をいうなれば、ちょい役でも松下村塾門下生が悔しがるシーンなりを加えれば、その後の、展開もわかりやすいかなと・・。

しかし、桜田門外の変のシーンは、どのドラマでも雪に血という美しくも残酷な描写がいいですねぇ。

■各話レビュー■
////5/////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。