八重の桜33

第33話 尚之助との再開

八重は女紅場で働き始めます。いつの間にか明治5年頃になってますね。
ドリームとか語っちゃったりしてなんだか平和な感じ。
4話前は会津戦争でボロボロの悲惨な状況でしたけどねぇ・・。

相変わらずのアホっぽい高島兄(槇村正直)は、小野組転籍事件で東京に拘留されちゃいます。
覚馬と八重は東京の木戸孝允に、槇村を京都に戻すよう嘆願しますが、聞き入れられません。結局、政変で釈放されますケド。

尚之助の居場所を聞いた八重は会いに行きますが、やせこけた尚之助に会い、復縁をせまりますが断られます。
なんだろなあ・・・。断る理由とかいまいちピンとこないし、八重が納得する理由もいまいちわからない。
尚之助ももうちょっと露骨に悲壮感漂わせても良かったんじゃないかと・・。
この後、肺炎で亡くなってしまう今生の別れにしてはなんか釈然としませんね。
そんで一番いやだなあと思ったのは、別れのシーンの後、すぐにオダギリジョーの登場だったこと。
来週より本格的に活躍するようですが、ちょっと待って!
もう一週待ったらどうかなと思う・・・。もう終盤で回数も限られてるのはわかるケド、わかれてすぐに出会ってってなんだか変わり身はやすぎねえ?って思いますが・・。

この日は高倉健主演の「あなたへ」が放送されていましたが、
この映画は下関も出てくるらしいのでチラッと見てたら、
綾瀬嬢も出てたんですね。ここでは九州の方言でしゃべってました(笑)。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。