八重の桜36

第36話 同士の誓い

襄の求婚を受け入れたことにより、八重は女紅場を解雇されそうになります。
キリスト教に入信しないことが雇用継続の条件と槇村に言われます。
まあ、その頃の京都ではそりゃそうですね。

八重は夫の考えを認めて支えていくことを宣言。
当然クビです。
この時の八重の台詞はカッコよかったですね。
「会津の者はおどなしく恭順しねえのです。お忘れでしたか?」
多少の厭味の入ったカッコイイ台詞ですね。

さて、同志社が開校しますが、キリスト教の授業は許可されぬまま。
しかし、覚馬の案で英語の授業の教材として聖書を使い、間接的にキリスト教を教えます。当然、槇村に怒鳴り込まれましたが、建前とかなんとか言って許可を得ます。覚馬と槇村の間に亀裂が入ったようですね。

確かに欧米の事を習うのに、宗教のみの排除するのは変な話。
まあ、宗教関わると問題は難しくなりますけどね。
でも本当の宗教の自由って、いろんな選択肢があるってことなんではないでしょうかね。例えば学校で、キリスト教はこんなもん仏教はこんなもん神道はこんなもん
・・って教えて違いをわかったうえで選択ができるのが正しい道ではないかと。
不可能でしょうけど・・・。

綾瀬はるか嬢は、このドラマ2回目の花嫁衣装を着ます。
なかなかこういう機会はないでしょうね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。