八重の桜6

第6話です。
山川大蔵の姉二葉が、会津藩の有望な家臣梶原平馬のもとへ嫁ぐ。
一方、江戸では勅命を携えた薩摩が幕府に将軍の上洛を迫る。
これを受け幕府は、京都の治安維持にあたる京都守護職の選任へにわかに着手。
政事総裁職の松平春嶽は、かねてから優れた見識をもつ会津藩主容保に白羽の矢を立てる。
西郷頼母ら、家臣が反対するなか、容保は苦渋の決断の末に京都守護職を拝命。
千人の会津藩士が、容保と共に京へ向かうことになった。

綾瀬はるかの薙刀さばきはなかなか良かったですねぇ。
並みのチャンバラより迫力がありました。

さて、京都守護職の選任では、松平春嶽がなんだか悪モノっぽくなってますね。
まあ会津の悲劇は、容保の京都守護職就任より始まると言っても過言ではないので、松平春嶽が悪く表現されるのも仕方ないですね。
容保は家臣の反対を押し切って京都守護職に就任しますが、容保が京都守護職に就任しなければ、新鮮組も、見廻組も、池田屋事件も、禁門の変も、寺田屋事件も、龍馬暗殺も、なかったんでしょうね。

さあさあ、だんだん面白くなりますよ。

■各話レビュー■
/////6////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。