八重の桜41

第41話 覚馬の娘

いつの間にかすっかりハイカラで、幕末の雰囲気はなくなっておりますが、
あと10話です。最後まで見ましょうw

今治に伝導に行っている伊勢時雄から手紙が届きます。
手紙の最後に「みね様によろしく」と書かれています。
なんだかのどかな雰囲気がNHK朝ドラのようですね。

一方、覚馬ら京都府議会は、新聞を使って世論を動かして、
槇村の横暴な府政に攻撃を仕掛けます。
結局、槇村は覚馬と刺し違えて知事を辞職します。
さらば高島兄・・・。好きだったよ・・。

伊勢時雄は、みねに結婚を申し込む。
しかし、すぐに結婚を許した覚馬にみねは激怒します。
今では、家を継ぐなんて足かせ以外の何モノでもないのですが、
この頃は違うんですね~。

結局みねは覚馬と和解して、今治に向かいます。
伊勢時雄。実はこの人、横井小楠の子供なんですね。
のちに同志社の3代目総長になってますので、
みねにとって良い縁談だったと言えるでしょうね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。