八重の桜21

第21話は、敗戦の責任です。

敗戦の責任というタイトルから、神保修理の切腹か想像できますね。

序盤で神保雪(修理の妻)が、八重と会います。
その後のストーリーの伏線ですね。を誘う用意ですな。

まずは八重の弟三郎が戦死します。
よくある敵に向かって行ってやられるというパターンですが、なんであんな状況で敵に向かっていくのかなぁ。
山本家は鉄砲射ちの家なんだから、そんな突撃するかなあ。流れ弾にあたってしまう系の戦死のほうがよかったなあ。

しかしまあ、相変わらず薩摩とだけ戦ってる様ですね。
錦の御旗も薩摩が作った風の事言ってます。
錦の御旗は山口でも作られたんですがね・・・。

慶喜の敵前逃亡は、日本史上稀に見る大愚策でしょう。
大阪で兵を立て直していれば、また違った結果になっていたでしょう。
慶喜を15代将軍にしたことこそが、大愚策だったのかもしれませんね。

将軍に江戸撤退を進言したため、修理は幽閉させられます。
まあドラマの状態ならしかたないですね。
何考えてるかわからない人間に、普通に進言すると、思惑とは違う予想外の行動をするのは、今も昔も変わらないです。

僕も昔、良かれと思って言ってやったことで、とんでもない被害を被ったこともありましたなあ・・・。

切腹までのくだりは、あんまり好きな演出ではなかったです。
佐川官兵衛あたりにボロカス責められて切腹させられる方が、よかったなあ・・。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。