八重の桜26

第26話「八重、決戦のとき」
はい!見てません!!

ここを見逃すとは!・・と、思われる方もいらっしゃいますが、僕にとって最重要の事件が発生しまして、それどころではありませんでした。

日曜夕方、妻が破水しまして、病院に直行!
長女が誕生致しました。

生まれるまでの一連の流れを目の当たりにし、自分の無力さ、女性の偉大さ、生命の神秘を思い知らされました。
初めて抱いてみて、こんなに軽いものなのか?と・・。
この小さな体に無限の可能性があるのでしょうね。

てことで、NHKのHPよりあらすじを拝借。

八重(綾瀬はるか)は、半鐘が鳴り響く城下を佐久(風吹ジュン)らと共にひたり、鶴ヶ城に入城する。城の守りが手薄であることを知った八重は、少年兵や老兵たちを束ねて銃撃戦の指揮を執った。
一方、出発が遅れたユキ(剛力彩芽)たちは閉門に間に合わず、敵弾飛び交う城下を逃げ惑っていた。そして、頼母(西田敏行)の登城のあと自邸に残った妻・千恵(宮崎美子)たちは自刃の道を選び、壮絶な最期を迎える。田中土佐(佐藤B作)と神保内蔵助(津嘉山正種)も、郭門を破られた責任をとり自刃。白虎隊の少年たちも飯盛山でその命を絶った。
新政府軍の大山(反町隆史)らは、鶴ヶ城へ向けて一気に兵を進めるが、城内からの精度の高い射撃に進軍を阻まれる。その夜、八重は夜襲に備えて髪を切り、城を守るため戦い抜く決意をする。

さてさて、上手にお涙頂戴できたのでしょうか?
ごらんになった方、どうか感想お聞かせくださいませ。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。