八重の桜29

第29話 鶴ヶ城開城

八重の父権八が補給路を奪還するために出陣します。
「八重、わしらが城門を出る時は、にしゃが鉄砲隊を指揮して守ってくれ」
死亡フラグですが良い台詞でした。
降伏の2日前・・・。なんとも悲しい事実です。

籠城も末期、もう少しで生き残れたところ、
あと何日で・・ってところで戦死した方々も多々いたはずです。
大蔵の妻登勢もそのひとりですね。
生き残れたら勝ちというわけでもないのですが・・。

容保が皆の前で重大な話を始めます。
自分が死んで降伏するつもりのようです。
あれ?月代やめてますね。
ずっと烏帽子かぶってたのでわからなかったようです。

城内の人々に降伏の旨が伝えられます。
女達には照姫が伝えます。
「15に満たぬ幼い者、60を超す年寄り、それから女はお構いなしとなりました。
…が藩士の方々は猪苗代で謹慎されます。」
と、時尾が説明します。

八重は男たちと共に猪苗代へ行きますが、尚之助の策略で追い返されてしまいます。
尚之助・・最後までカッコイイね。
「家政婦のミタ」のロクでもない父親役のときとは大違いですね。

降伏の鶴ヶ城は女たちが綺麗に掃除します。
史実かどうかわかりませんが、これぞ武士の妻ですね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。