八重の桜28

第28話「自慢の娘」

今回の目玉は、
濡れた着物を砲弾に被せて爆発を未然に防ぐ荒技
これ、実際に城内でやっていたんですね。「焼玉押さえ」というらしいです。
城内に1000~2000発の砲弾が降り注ぎ、女子達は「焼玉押さえ」に飛び回ったそうです。
アメリカの戦争映画なら失敗して木っ端微塵って描写が思い浮かびます。
実際、間に合わずに木っ端微塵になった女子も少なくなかったでしょう。

綾野剛扮する容保の血走った目は、いい味出してますね。
会津の逼迫した状況をうつすようです。
民放のチャラけた演技とは一味違います。
若いのになかなかの俳優ですね。

しかし酷いのは佐川官兵衛の扱いです。
鶴ヶ城外でゲリラ戦を展開し、官軍から「鬼の官兵衛」と恐れられた男は、殿様のお酌でいい気になって酔っ払って寝てしまい、寝過ごして夜襲をかけられず、そのせいで会津は敗れた的な描かれ方・・・。
そりゃないでしょ?

追記・・・
佐川官兵衛が寝過ごした話はほんとの話だったんですね。

佐川氏は御慰労の酒に酩酊されたか、遂に其の席において熟睡に入られ
(『井深梶之助とその時代』)

だれか起せよ。てか切腹モノの大失態じゃない?

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。