八重の桜38

第38話 西南戦争

とうとう日本最後の内戦「西南戦争」ですね。

西南戦争の前に僕が気になったのは、前半で八重の来ていたキモノコートです。
これはどうも着物を羽織っただけではないですね。
とかとか見ても着物とは少し違うような・・。
これは衣装デザイナーの遊び心でしょうか?
それとも史実にのっとった衣装なのでしょうか?
いずれにせよ僕が見た瞬間思い出したのは、Yohji Yamamotoの1994年の
ジャポニズムコレクションです。
当時、これぞ日本!と衝撃を受けた覚えがありますね。

さて、西南戦争ですが、いろいろな方とのお別れがやってきたようですね。

佐川官兵衛が戦死します。
まあ正確には、佐川は抜刀隊編成以前に戦死してるのですが、
抜刀隊編成の意味は、薩摩の旧士族(サムライ)の白兵攻撃に、
新政府兵(農・工・商人(剣術を知らない))は、苦戦を強いられた為、
警視隊から剣術に秀でた者を選抜して、対抗する目的だったということで、
サムライの象徴のような佐川を、抜刀隊に入れたと解釈しましょうか。

さて、西郷隆盛の吉川晃司もお別れですね。
山川と熊本でサシで会うというムチャな展開ですが、
西郷に「不平士族を道連れにする」という意味合いの発言をさせるためと、
会津の代表としての意見を、薩摩の象徴的人物に、
実際の言葉としてぶつける場として用意されたようですね。
吉川晃司は最後まで特殊メイク(太らすための)をしなかったですね。
最後までスマートな西郷さんでした。

木戸孝允ミッチーもお別れです。病で西南戦争の終結を待たずにお亡くなりです。
鬼か畜生がの描かれ方をされてきた長州人の中で、
唯一普通に描かれた木戸がなくなり、
なんだかアホのような高嶋兄扮する槇村正直のみが残りました。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。