八重の桜25

第25話 白虎隊出陣

ついに新政府軍が、会津に進行してきます。
権八と尚之助は城へ向かいます。
八重も城へ上がることを嘆願しますが許されません。

援軍要請を受けて、容保は白虎隊を出陣させます。
白虎隊は意気揚々と前線に向かいます。

白虎隊といえば、一人だけ草色の軍服の少年がいたはず・・。
永瀬雄次(雄治)という隊士。残念ながら皆一様に黒い軍服です。

あれ?草色の軍服というのは、日テレの「白虎隊」の創作?
と思いネットで調べると、出処がどこかわかりませんが、草色の服を着ていたとの表現がちらほら・・。創作じゃないようですが、どうなんでしょ?

永瀬雄次の母が、敵の目から姿を隠すため軍服を草色にしたという話は、涙の出るお話です。詳しい説明しなくていいから、隊士の中に草色の服を着た隊士を一人だけ入れといたら全国で2000人?位はおお!って思ったんじゃないかと・・。
知らない人でもなんで草色なんだろ?って疑問を持つんじゃないでしょうか?
そんで理由を知っておお!ってなるんじゃないでしょうか?

この八重の桜。お涙頂戴ポイントをかなりスルーしてます。
さて、これから西郷家、白虎隊、娘子隊、新撰組と悲劇のオンパレードですが、制作スタッフの皆様、頼みますよ・・・。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。