八重の桜39

第39話は「私たちの子ども」

同志社女学校が誕生しますが、開校後まもなく、薩摩出身の女学生リツが結核にかかってしまいます。
八重は看病しますが、会津者に看病は受けたくないと拒みます。

会津戦争で父を亡くしたとのこと、女に撃たれたとか・・。
それはたぶんそうだったとしても、この時代のことですから女に打たれたとは、家族に言わないんじゃないでしょうかね?

まあ、この辺は史実よく知らないので、なにもいいますまい。
けど、ジョーは聖職者なんだから、ジョーが説得するべきではないのかなぁ?
八重が困っていろいろやってるけど、困った顔してるだけ・・。

一方、覚馬は、同志社女学校の新校舎の土地を手に入れるため、京都府顧問の職を退任。
・・しかし、高島兄の事をアホっぽいとかいろいろ行っていますが、僕は別に嫌いじゃないですね。いや、むしろあのアホっぽい演技かなり好きです。

しかし、佐久さんは、いい味だしてますなぁ。
母って感じですね。

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。