八重の桜23

第23話 会津を救え

悪の根源(笑)世良修蔵が、奥州に接近。
Vシネマのようなヤクザぶりを発揮しています。

この辺はねぇ・・。長州は人材不足でしたからねぇ・・。
土佐の岩村精一郎といい、この世良といい勝ち馬に乗っている人間ほどロクでもないモノはないですね。

世良の死に関してドラマでは、遊郭で襲われ暗殺という描写がおおいですが、本当は旅籠で襲われて捕縛され、、阿武隈川の河原で斬首されました。

しかし、悪の根源(笑)である世良修蔵は、遊郭で殺されたほうが絵になりますからねぇ。

この回は河井継之助も登場します。
佐川官兵衛にガトリング砲の図面を見せて、新政府軍との戦をやる気満々でした。

斉藤一(山口二郎)と高木時尾が出会いますが、この二人は後に結婚するそうですね。

そういえば斉藤は後に警察官になりますが、明治の警察官は剣豪ぞろいですね。
現在の警察の訓練に剣道があるのも、そんな伝統からでしょうか?

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。