八重の桜49

第49話 再び戦を学ばず

最終回イブですね。
八重さぁは、シワ一つなく歳を召されています。
・・・と思って計算してみると、まだ40代半ばですね。
まだシワなくても大丈夫ですかね。実物は結構太ってたようですが・・・。

明治23年、教育勅語が発表されます。
「教育勅語」って結構いい事書いてると思いますけどね。
「什の掟」よりぜんぜんいい事書いてると思いますが・・・。

今回、「八重の桜」の主人公(?)山本覚馬が、とうとう死去します。
西島秀俊、いい役者ですね。
前半は月代姿で若々しく元気に行動し、苦悩してました。
鍛えられた肉体で奥様方のハートも掴んでました(笑)。
後半は失明して、動きはほとんどないのですが、
言葉とちょっとしたしぐさのみで、晩年の山本覚馬を演じてました。
最後のこの回も、山川健次郎&八重との討論や同志社の卒業式の場面で、
いい演技みせてくれました。

終盤になるといろんな方々が出てきます。
松平容保が登場→死去します。綾野剛も主役級でしたね。
この人は、ほんとに容保が適役でした。
他の民放ドラマでは、なんだかふわふわしたよくわからんイメージでしたが、
この容保役は顔が似てるというだけでなく、
表情、しぐさなどよほど真剣に役に取り組んだんだなと感じさせます。
松平容保はいろいろな名優が演じていますが、
彼の容保がBESTだと思います。

さて、来週は最終回。
早いですね一年。お隣の福岡県に行ってみると、
「軍師官兵衛」ののぼりや横断幕を結構見かけます。
ちなみに黒田官兵衛はキリシタン大名ですが、
2年続けてキリスト教徒ってのはたまたま??

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。