八重の桜16

第16話 遠ざかる背中

会津の大火のさなか、行方不明になっていたみねを、
八重が探しに出る。
それを止めて、尚之助は自分が探すと言って大火の方向に走り去る。
その背中を八重は見て自分も駆け出す。

ここでタイトルが挿入されて「遠ざかる背中」とサブタイトルが映し出される。

一緒に見ていた幕末に疎い嫁さんは、「え?死んじゃうの?」って
僕に聞きました。

中途半端に知っているだけにハラハラもせずに見ていますが、
知らない人が見るとそう思うんですね。
まあ知ってる人からすると、本題にそれたいらない描写なのですが・・・。

さあ、慶喜のわけわからない行動がだんだんと出てきました。
とうとう盟友の松平春嶽もあきれました。
しかし、もし14代将軍に慶喜がなっていたらどんな歴史が待っていたんでしょうねぇ。

今回初登場の中野竹子は黒木メイサ。えらい顔の濃い会津人ですねぇ。

今回は顔見世程度ですが、どういう活躍をするのでしょうか??

■各話レビュー■
/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。