花燃ゆ38

第三十八回 「届かぬ言葉

そうせい候の隠居により、世子毛利元徳が当主(知藩事)となり、
それに伴い奥も代替わりします。
美和も出世して№3の座を獲得します。

明治新政府は長州藩に対し、兵制改革を命令します。
・・これじゃ幕府より酷いですね。

実際に奇兵隊を含む諸隊(約五千名)を、四大隊(約二千名)に再編し、
残りは論功行賞も無く解雇されました。
これは明治新政府からの命令ではなく、長州藩の方針です。
古来より戦勝によって獲得した土地からの収入で、
兵を養い論功行賞をするわけですが、
幕長戦争で得た浜田藩領小倉藩領を返却し、
戊辰戦争では獲得するものも無かったわけで、
長州藩は骨折り損だったわけですから、苦渋の選択であったと云えます。

この辺、新政府の方針はメチャメチャ下手糞だと思うのですが、
こういうところは秀吉家康を見習うべきですね。
僕は長州や薩摩は、藩として何らかの正当な見返りがあって良かったと思っています。
いや確かに見返りは多くありましたが、それは個人的な出世というものが主で、
藩そのものというくくりでは皆無でした。

これはやはり長州のトップが木戸であったのが不幸と云えます。
木戸、伊藤井上ら悪い意味での政治家だけが中央に行ってしまった事で、
本来得られるはずの利権さえ、政治的パワーバランスを保つカードとして利用され、
手放す事になっています。

こういう政治ゲームが、士族の反乱のに繋がってると考えられます。
後の方向性が民主主義に移行したわけではなく、
軍国主義だったわけですし、薩摩閥長州閥も出来上がったのですから、
それならば諸隊の解雇はなんだったのでしょうか?

首都にしても東京にするべきではなかったと思います。
京都か大阪、あえてと考えるなら愛知あたりに首都を置くべきところを、
東側の動向を気にしすぎて東京を首都にしてしまいました。
後の反乱や一揆が西側に集中してることからも、
明治政府の失策といわざるを得ませんね。

話を戻します。
奇兵隊は改革の不平等を訴え反乱を起こします。
反乱軍の首謀者は「雲仙」。
・・・・誰?
実際の首謀者は、奇兵隊長島義輔、振武隊藤山佐熊、鋭武隊富永有隣らです。
ここであえてオリジナルキャラを持ってくる?
富永有隣を出したらいいじゃん。
意味不明です。

反乱を聞いた奥では、またもや美和が軍師のようにああだこうだ戦術を練ります。
全く無駄ですが・・・。
結局、抵抗した描写もなく藩庁は包囲されます。

楫取素彦は、諸隊と元徳をいったりきたり、
血を流さぬよう努力します。
長州幕末史のいたるところで、すべての事柄を自分の手柄にしてきた楫取ですが、
今回の反乱軍との交渉は史実です。

毛利敬親の隠居で、元徳は毛利宗家の当主です。
楫取はずっと「若殿!若殿!」と失礼な発言を連発。
「若殿」は世継ぎの呼称です。幼い主君を指す場合もありますが、
本人に言うのは「殿」と認めてないという意味と取れます。
そりゃ元徳も楫取の言う事聞くわけないやん!
こういう基本的な事が間違ってるよね。

んで、病気のそうせい候まで担ぎ出して、
反乱軍と交渉。
一件落着かと思いきや、カラスが鳴いたのに驚いた兵の発砲を合図に、
木戸の鎮静軍と交戦になります。
なんだそりゃ?
そうせい候の面目丸つぶれ。

今回、いたるところに挿入されていた椿や水仙、着物の柄など、
何の演出??そんなん今まで無かったじゃん。

ただいま 16 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。