花燃ゆ22

第二十二回 「妻と奇兵隊

攘夷戦は簡単に負けます。
というより、反撃食らっただけで壊滅します。
欧米の力を見せつけられ久坂は呆然。
東出昌大情けない顔が冴え渡ります。

それに比べてカッコいいのは晋作
ザンギリ頭でイメチェンして登場し、
久坂がやらかした後始末に奇抜なアイデアを繰り出す。
情けなくしかも頑固というダメダメ感が目立つ久坂です。
東出昌大ってスネた演技(?)得意なんで、
この時期の久坂を演じるには最適なんではないでしょうか?

晋作の献策に、そうせい侯は「そうせい!」と「そうせい!」らしい「そうせい!」を発します(笑)。

女台場はほんとに萩にある台場で、菊ヶ浜台場が正式な名前です。
文はこの台場の建設に参加し、亀や寿もこれに参加します。
その後、雅や美鶴まで参加しますが、役人に「女はひっこんどれ!」と止められる。
そこで彼女らは晋作の父小忠太に談判して、女が手伝えるように認めてもらいます。
小忠太なら雅がそんなことするのは、認めない気がするのですがね・・・。

それから奥女中まで参加しますが、これはホントの話。
それほど外国船が萩の人々にとって脅威だったのでしょうね。

奇兵隊結成にむけて着々と準備が進みますが、
久坂は京に行って政治工作する事を宣言。
晋作に止められますが、それを押し切って出て行きます。
久坂のダメダメ感がハンパ無い・・・・・・・・・。

ただいま 7 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。