花燃ゆ 総評二

制作統括土屋勝裕チーフプロデューサー。
この人がどんな人かも、制作統括がどんな役なのかも詳しく知りませんが、
とにかく一番権限を持った人物であることは間違いないでしょう。

彼がインタビューで、
「有名な人物は予想がついてしまうし、興味がなければ観なくなってしまう。
信長や秀吉のような歴史のヒーローよりも、歴史に名を残さなかった人たち
の目線が今の時代は、共感を得る上で大事なのではないか」
と、語っています。

それについては別に問題ない事ですが、ではなぜ「歴史に名を残さなかった人たち」に、
歴史に名を残すような事をさせるのか?
上記のように「歴史に名を残さなかった人たち」にスポットを当てるのであれば、
歴史に名を残さないような描き方をするべきで、
歴史に名を残さなかった人たち」が「歴史に名を残した人たち」を押しのけて、
グイグイ前面に出てくれば、視聴者は白けます。

僕はその「歴史に名を残さなかった人」である杉文を主人公にする事に、
何ら問題は無かったと思います。
しかし、その扱い方を心得ていなかった作り手が、
勘違い・暴走・迷走を繰り返し、とんでもない作品を作り出してしまったのでしょう。

彼は「文の人生でわからない部分が多い」という質問に、
「ええ。だからこそ、自由に描けて面白いんです。大河ドラマは史実をベース
にして創作する「フィクション(虚構の物語)」です。ドラマで楽しみながら、そこ
から、じゃあ、本当の松陰は?本当の久坂玄瑞はどういう人だったんだろう?
と興味を持っていただき、歴史学の方に入っていってもらえたら…と。とにかく
楽しんでいただきたい。文さんは有名な人ではないけれど、自由にドラマをつ
くれる、ということで言うと、ぴったりの主人公なんです。」
と、答えています。

考え方が全く間違っています。
本当の松陰を本当の久坂を描く気ははじめから無かったようです。
「フィクション(虚構の物語)」と言い切っています。

よくあれが史実と違う、ここが史実と違うという批判に、
「ドラマだから」「小説だから」「マンガだから」と開き直る人が多いのですが、
実際そのとおりで歴史書や教科書ではないのですから、
ある程度のエンターテイメント性を持たせるために創作が必要です。
しかし、それにも限度があります。
作品の構成上仕方なくであったり、時間的に端折った部分だったり・・・。
史実に沿うように作った作品は、史実に沿わなければならないのです。
謎の部分であったり、諸説ある部分を創作するのを誰も怒らないでしょう。
ですが周知に事実を違った風に描くべきではない。
そうでなければそれは「ファンタジー」と呼ばなくてはならないでしょう。

最近はやりの「信長のシェフ「信長協奏曲」「JIN-仁-」など、
史実をもとにしながら、パラレルワールド的な時代劇がありますが、
それはそれで視聴者も「史実と違う」と怒る人はいないでしょう。
史実と違うからバカらしくて観れない」という人は観ないわけですし、
史実と違うけれど面白そう」だと思う人は観るわけです。
僕も上記のドラマは観てました。

でも、歴史ある「NHK大河ドラマ」に視聴者は史実に近いものを求めているわけで、
上記のようなパラレルワールドを求めているわけではない。
そういう作品と同じ感覚で作ってはいけないのです。
実際にそういうドラマしか作ってこなかった人達ですから、
その感覚が無かったのかもしれませんね。

スポーツ選手が世界戦に望むとき、「日の丸」を背負って戦う重圧を感じるそうです。
「日の丸」を背負うとまでは言いませんが、一応国民的ドラマである大河を任されたなら、
その数パーセントでもスポーツ選手のような気持ちをもって欲しかったものです。

総評3に続く。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。