花燃ゆ33

第三十二回 「花となるために

前回の打ち首上等の美和の嘆願により、
杉梅太郎の藩主への目通りが許されます。
杉梅太郎はなぜか奥御殿から殿の居室へ向かう。
萩城は奥御殿が正面にあるんですかね。奥じゃないやん(笑)。
それで、椋梨藤太が失脚し、内訌戦が終わりました。

小田村伊之助も野山獄から釈放されます。
見た感じ伊之助以外捕まってなさそう・・・。
高須久子は、未だクランクアップしてないようです。
まだ出番あるのかなぁ?

納得いかない椋梨は、藩主に面会を求めますが、そうせい候は拒否。
面会を拒絶されたからといって、椋梨は奥御殿で殿への面会を嘆願します。
会ってくれないからって、奥御殿で待つって非常識にもほどがありますね。

結局追い帰された椋梨ですが、
美和は敗者に鞭打つような意味不明の言葉を並べます。
挙句の果てに、「お引取り下さい」とトドメを刺しました。

銀姫は、世継ぎを無事に生みました。
そして、世継ぎを自分の手で育てたいと言い出し、美和を守り役に指名します。

美和はそんな事より、実家の父の事が心配でうわの空・・・。
おいおい。こんな私情丸出しな美和に守り役やらせて大丈夫??
奥に入ってから、私情でしか動いていないイメージなんですが・・。

そんな美和の心を察してか、銀姫様は半日のお宿下がりをお許し下さいます。
なんて心がお広いお方なんでしょうね。
銀姫様も、父上や母上には一生会えないでしょうに。

美和が実家に帰ると、すっかりよぼよぼの父の姿が・・。
長塚京三迫真の演技ですね。小刻みなふるえが、じい様っぽいです。

ただいま 11 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。