花燃ゆ37

第三十七回 「夫の忘れがたみ

世子の持病の薬を届けるというありえない理由で、京に来た美和。
その世子に薬を届けたかどうかも不明なまま、
美和は京の町に久坂の子を探しに出ます。

当てもないまま町をうろつくという無謀な行動の末、
浪人に喧嘩を売って追いかけられます。

偶然かくまってくれたのは、久坂の愛人辰路(!)と子の秀次郎
なんとまあ・・・。

美和は久坂の子と知らぬまま、辰路と秀次郎と別れます。
その後、長州藩邸に帰って楫取素彦に怒られた後、長州に戻ります。
辰路と秀次郎に会うという複線の為の京入りだったようです。

戦が落ち着いたらまた探しにきますとか言ってるし、
美和は奥務めを舐めきっていますねぇ。

さて、久坂の隠し子の件ですが、
史実では、明治2年に辰路が長州藩に秀次郎が久坂の遺児であると届けます。
久坂が辰路と懇意であったという品川弥二郎の証言や、
秀次郎が久坂に似ていたということから、長州藩が久坂の遺児と認定。
秀次郎が久坂家を継ぐことになり、養子として入っていた久米次郎が、
楫取家に戻る事となりました。

翌年の明治3年に辰路は別の人物と結婚していますが、
なんだかそういうことを考えると、厄介払いされたんじゃないかと、
余計なかんぐりをしてしまいますね。

話を戻しまして、鳥羽伏見の戦いは新政府軍の勝利。
江戸城無血開城もいつのまにか終わりました。
幕長戦争後の京での政治抗争は完全に端折られ、
さっさと明治維新が成ってしまっています。
戊辰戦争箱館戦争も無いものとなっています。

毛利敬親は病に倒れ、楫取素彦が長州に召喚されます。
殿が病気で寝込んでいるのに楫取は「版籍奉還」を進言。
ああ・・「版籍奉還」もコイツの手柄になるのね・・・。

ただ「版籍奉還」の趣旨や意味が語られていないため、
藩主」が「知藩事」になるだけのように見える。
これじゃさすがのそうせい候も「そうせい!」とは言えないでしょ?
毛利敬親も未だ賊軍のままですが・・・。

結局、何を悩んで結論を出したのか「そうせい!」と言っちゃって、
ついでに隠居して家督を元徳に譲っちゃいました。

家臣や奥では不安がつのります(そりゃそうだ)。
美和は楫取に何が変わるのか訪ねます。
楫取の答えは「すべて変わる」「新しい日本を・・・」・・・・なんて中身の無い言葉。
やたらと「高杉も言ってた」というセリフがあったが、やけに鼻に付きます。

藩士や奥の動静を日出が伝えに来ますが、
2人はやれやれという風に「まずは目の前の事じゃな」と。
美和は「奥御殿から変えていく」という。
何を変える気でしょうね??

ただいま 16 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。