花燃ゆ31

第三十一回 「命がけの伝言

三家老・四参謀の処刑は、大佐のナレーションで終了でした。

そして捕らえられていた松島剛蔵も処刑されます。
あららら・・・。別に幕府から言われても無いのに・・・。
解散の命に従わない諸隊らへの見せしめの処刑?
実際の松島剛蔵の処刑は、功山寺挙兵後の元治元年12月19日です。

相変わらず奥御殿は風通しが良いようで、
普通に寿美和に会いに来ます。
何故か土下座までして、伊之助を助けてくれと嘆願。
奥御殿は風通しが良すぎて、男の門番がいるようで、
土下座する寿を尻目に門を閉ざします。

銀姫に気に入られた美和が気に食わない様子の日出は、
椋梨藤太に毒を盛るようにそそのかします。

椋梨の耳にその情報が入り、
美和に毒の入っていると思われる杯を飲ませますが、
毒は入っておらず、美和は飲み干します。

椋梨は世継ぎのお祝いを控える方針のようですが、
藩主・世子の隠居も視野に入れてるはずが、
世継がいなかったら取り潰しの危機じゃん。
椋梨からしても喜ぶべきはずなのにね。
しかも先々週は、乃木坂を手配までして世継ぎを望んでたのに・・・。

杯を飲み干した美和は、椋梨に伊之助の助命を嘆願します。
「なくてはならないお人」「これからの長州藩を背負って立つお人」と、
過大評価極まりない意見を、世継ぎの話そっちのけでぶちまけます。

このキチガイじみた行動で、牢屋に入れられますが、
そこへ銀姫様登場。
一発しばいて水に流された姫は、美和を伊之助の元へ向かわせます。
なんて心が広いんでしょうね。
わが子、しかも世継のことをほったらかしで、一家臣の助命を嘆願し、
「なくてはならないお人」「これからの長州藩を背負って立つお人」と言っておきながら、
実は「初恋の人」という完全に私事をのたまっている美和。
これは手打ちOKレベルです。

野山獄に着いた美和は、伊之助に「あなたは至誠そのもの」という
これまた超過大評価をぶつけます。
ヒロインの相手役はスーパーヒーローでなくてはダメなのでしょうか?
八重の桜」の川崎尚之助新島襄もスーパーヒーローではありませんでしたが・・。
下手な少女漫画のような伊之助の過大評価にイラつきながら、
この先、「壁ドン

」まであるんじゃないかと思えてきました。

高杉晋作が功山寺で挙兵したことで、
なぜか伊之助の処刑は延期されます。

脚本家は脚本を書くにあたり、過去の作品を視たり読んだりしてないんでしょうね。
もっと色々あったでしょうに。
五卿をたたき起こして、酒とツマミを所望した件とか、
福田侠平が晋作の馬前で、暴発を止めようとした件とか、
ドラマチックなシーンがいくらでも書けたはずです。
とにかく功山寺挙兵は、幕末長州史の一番の見せ場。
さらっと描くには、惜しい場面です。

さて、話は戻りますが、野村望東尼は出てきましたね。
まあさすがに出さないわけにはいかないでしょう。
役は真行寺君枝。壮絶な人生を送っている人なんで、
野村望東尼役は合ってるかもね。

ただいま 10 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。