花燃ゆ4

第四回 「生きてつかあさい

色々なブログで「花燃ゆ」の感想が書かれていますね。
どうも賛否両論あるようです。
の意見として「久々に大河を続けて見ようと思った」「おもしろかった」
などの意見を見かけます。
どうも女性のブログに肯定的意見が多いように感じるのは、
気のせいではないのでしょうね。
の意見としてはやはり視聴率が低かったということで、
すでに「大ゴケ」と言っているものもありました。
ちょっと嫌だなと感じたのは、それらの話を政治に絡める連中が多いこと。
「安倍内閣へのゴマすりで、山口県を題材にした」
「山口県が舞台という設定ありきで主人公を決めた」
「ムリヤリ作った大河はワースト3の視聴率」
ほんとどうでもええわ!こいつら一切内容の件には触れないから
見てないんだろうけど、見ない奴は批判するなって思う・・・。
見てからちゃんと批評するべきでしょう?
ドラマをイデオロギーの為に批判するのはナンセンスですよ。

かなり前置きが長くなりましたが、
寅次郎は密航に失敗して江戸で牢に入れられます。
萩では家族がそれぞれの立場で寅次郎を心配する。
藩上層部も寅次郎の処遇を巡って意見が対立します。

伊勢谷いいですね~。松陰に見えてきました。
彼は実際にも松陰を尊敬しているようすが、
マイクパフォーマンスかと思っていたら、どうも本当のようですね。
松陰をわかっている。狂気が伝わってきます。
彼はこういう役は上手ですよね。
長塚京三(松陰の父)や原田泰造(松陰の兄)もいいですね。
それぞれ切腹しそうな切迫とした雰囲気を出しています。

文も心配しながら結局姉の出産の手伝いをしていただけで何もしてない。
いいですね。主人公なのに何もしないってなかなか出来ないですよ。
このまま何もしないでいてください(笑)。

萩に戻された寅次郎は野山獄に入れられます。
弟子で同じく密航を企てた金子重輔は、
身分の違いから岩倉獄に入れられます。

第四回は、なかなか良い出来ではないでしょうか?
もちろん駆け足気味のところは変わりませんが、
密航の件もミシシッピ号からポーハタン号に移動した事を、
ちゃんと描いていますし、伝馬町で牢名主に講義した逸話もありましたね。
寅次郎が罪を洗いざらい白状した事なんかも、
下田の番人の話で理解できます。

残念なのは、江戸から萩への移送の際の、
松陰と金子重輔の扱いの違いを表現して欲しかったな。
金子は移送の際、粗末な扱いで病人になっていたはずです。
来週のそのあたりが語られるのかな?

ただいま 1 そうせい

///4//////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。