花燃ゆ36

第三十六回 「高杉晋作の遺言

何度も悪い予感が漂った回でした・・・・。

興丸様は野菜が嫌いで、野菜は食べずに残しています。
うわ・・・なんか嫌な予感。
興丸様に畑仕事をさせるというベタな展開なのでは?
・・と思ったら、やっぱりそうでした。
素人に読まれる展開って・・・。

それを聞いた銀姫は「面白い!」と、またもや心の広い発言。
都美姫園山が止めさそうと駆けつけると、畑仕事をする男性の姿が。
うわ・・・なんか嫌な予感。
まさかそうせい候が畑仕事をしてるというベタな展開なのでは?
・・と思ったら、やっぱりそうでした。
幕長戦争直後の緊迫した時期に、のんきなものですね。
しかもなかなか言わない「そうせい!」を2連発も発言しました。

小田村伊之助は、下関で晋作を訪ね美和への手紙を預かります。
伊之助はそれを美和に渡します。
手紙には話したいことがあるから下関に来いとあり、美和は下関に向かいます。
まあよく奥から出て行く人ですなあ・・・。

そして下関。美和は梅之進をつれて来ます。
あれ??うのは?野村望東尼は?
二人とも出てたよね?居ない事になってる・・・・。

で、晋作が話したい事。それは久坂の隠し子の件でした。
そんな事は手紙でいいような気もしますが、
晋作はその子を育ててはと進めます。
久坂の隠し子の件をなんで晋作が知ってるのか?
複線もなく脈絡がないのは「花燃ゆ」ではよくある事ですが、
それは脚本家が複数いるせいでしょうね。

小田村伊之助が楫取素彦に改名しますが、
なんだかすっごい大人物のようですね。
まあ実際に広島で捕らえられ幕府にその存在が知れて、
改名の必要があったのですが、
元治から慶応にかけて改名した長州藩士は結構いて、
それは幕府から目を付けられているのをかわすためですが、
小田村だけ特別に改名させたように描かれてました。

さて、晋作から話を聞いたんだからさっさと戻ればいいのに、
庭掃除なんかして美和は晋作のもとを離れようとはしません。
うわ・・・なんか嫌な予感。
臨終まで居て晋作の時世の下の句を美和が考える気なのでは?
・・と思ったら、違いました(笑)。
晋作は「松下村塾生の子を美和が育てろ」と言って吐血。
そしてそのまま死んでしまいます。

さて「おもしろき事もなき世に(を)おもしろく」という有名な時世は、
臨終の1年前に作られていたといわれていますが、
やはりドラマですので臨終での望東尼とのやりとりは絵になるシーン。
ここは入れて欲しかったところです。

ドラマにおいて語られた事は、僕の知る限り「花神」だけなのですが、
晋作の葬儀は絵になる話なのでご紹介しときます。

晋作の葬儀を取り仕切ったのは、勤皇商人白石正一郎
神式で夜に行われました。
臨終の地である林算九郎宅の離れから吉田の清水山まで運ばれますが、
その参列者は2千人とも5千人とも云われ、
道中は提灯行列が絶え間なく続いたそうです。
その規模は当時では将軍や藩主レベル。
しかも、参列者は親族や親しい者の他、
諸隊の隊士、町人や農民、老若男女問わず集まり、
天下に類の無いほどの葬儀でした。
この人々は藩が動員したわけではなく、自発的に集まった人々です。
庶民にとって晋作がどれほど慕われていたかがわかりますね。

話は戻りますが、美和は奥に戻ります。
そこへ京で戦が始まるという知らせが・・。
動揺する奥の人達・・・。
京には戦をしに行ったんですよね?そんなに動揺する?
んで、元徳様持病の薬を持って行ってないということで、
薬を持っていかなければならなくなりました。
遠出するのに持病の薬を持っていかないなんて、
なんて間抜けな藩なんだ?
しかもこの時点で持っていっても手遅れだろ?

それで、美和は薬を持っていく役を買って出ます。
挙句「ついでに久坂の子に会いに行きたい」という私事を平気で言ってのける。
これには心の広い銀姫も反対しますが、都美姫はそれを承諾。
都美姫も自分の子がいないという複線がその前のシーンにありましたが、
世子への届け物のお役目を、私事のついでにさせるなんて・・・。
しかも藩士に馬で駆けさせた方が早いだろ?
美和が行く意味が全くありません(今までもそうでしたが・・・)。

さて、今回で高杉晋作が死んじゃいました。
高杉晋作役の高良健吾はとても晋作に合ってました。
あの神経質で病弱な感じが晋作役にぴったりでしたが、
脚本が滅茶苦茶だったためとっても残念。
もう一度どこかで晋作役をしてほしいものですね。

ただいま 15 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。