花燃ゆ34

第三十四回 「薩長同盟!

長州側の話なんで「長薩同盟!」にして欲しいところですが、
このドラマにそれを期待するのは無理でしょう。

興丸様の小姓を選ぶということで、候補を推挙せよと言われます。
銀姫と美和が小姓を決めるという事も不思議ですが、
まだ首も据わっていない赤ちゃんの時から小姓いるのかな?早すぎでしょう?

高杉晋作が長崎より戻って、世子元徳に面会します。
お約束のようにそこに居る銀姫と美和。

晋作は世子、姫がいるのに、断りも無しに美和と会話するという暴挙に。
まあこのドラマはそういうことがまかり通っておりますが・・。
晋作の口から出た薩摩との同盟に、美和は不機嫌になります。

小田村伊之助は、坂本龍馬と薩長同盟に奔走します。
やはり薩長同盟も伊之助の手柄になるようです。

その伊之助は、薩長同盟についてご機嫌伺いに、
美和と面会に来ますが、そこでもやはり不機嫌な様子。
しょうがないので、椋梨の最後を美和に伝えます。
椋梨の斬首決定は、伊之助が下した命令のようです。

桂小五郎は西郷に約束をすっぽかされますが、
大人の心で西郷の思惑を察します。
その桂も伊之助と共に元徳に面会に来ますが、
桂が帰った後、元徳は美和に薩長同盟についてご機嫌伺いを(笑)。

不機嫌かと思いきや、何かを悟ったように賛成の意を表明。
はい。これで美和の許可が出ましたので、
薩長同盟を結ぶことが出来るようになりました(笑)。

このドラマの脚本家は、定番のドラマチックな展開を、
わざわざつまらんものにするのが好きなようですが、
薩長同盟もしょうもない演出で仕上げてくれました。

薩長同盟のシーンの定番は、
龍馬と中岡慎太郎がそろそろ同盟締結した頃だろうと桂を訪ねたら、
まだ何の話も出来ていないと言われ、何故かと訪ねると、
薩摩から話を切り出さない。こちらから頭を下げる事は出来ないと桂が言う。
それを聞いた龍馬は、怒って西郷に詰め寄り、
面子にこだわってる場合ではないだろう的な事を言い、
西郷が感銘を受けて、西郷の方から話を切り出すというもの。
西郷の器の大きさ」と、「桂ら長州側の苦悩」が表現できる展開です。

前半は似たような感じでしたが、西郷を説得するあたりから変になり、
西郷と桂が見つめあって、何も話さず向かい合って、
龍馬が二人の手をとり握手させるというなんだこりゃ展開。
西郷は何も言ってないけど、桂はそれでいいのか???
「器の小さな西郷」と「大して何にも考えていない長州」が表現できました。

美和以外薩摩を恨んでる人は、このドラマにはいないようなんで、
脚本家的にこれでいいんでしょうがねぇ。

そういう話の後、御小姓が決まったと美和が発表します。
周布と高杉の親戚と、椋梨の親戚・・・・。
史実かどうか知らないケド、もし椋梨姓の小姓でも椋梨藤太の親戚とは限りません。
大組にも椋梨姓は」いますし、
椋梨藤太自体は無給通士の身分なんで、小姓は無理でしょうね。

ただいま 12 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。