花燃ゆ30

第三十回 「お世継ぎ騒動!

大奥モノ定番のお世継ぎ騒動です。

奥外では、椋梨藤太が実権を握り、正義派の藩士を次々と捕らえます。
小田村伊之助の実兄松島剛蔵も、野山獄に投獄されました。
後に小田村も捕まります。

晋作は行方をくらまします。
椋梨は、晋作の行方を追い、松陰の命日の10月27日に、
晋作が現れるはずだと待ち構えます。

史実では、晋作は10/25に萩を出て山口に向かっています。
松陰の命日だからって、のこのこやってきたら捕まりに行くようなものです。
山口で井上聞多を見舞っています。

高杉家では、野村靖(和作)や品川弥二郎が晋作を出せと息巻きます。
実際に品川弥二郎は「高杉を斬る」と言っていたようですが、
言うだけで行動はしていないようです。
実家に押し寄せて「晋作を出せ」って、ヤンキーでもやらないよ・・・。
ちなみに品川は、時勢が変わるとコロッと態度を変えて、
晋作マンセーになったようです。

今回、晋作と品川の対決が行われましたが、
サシの勝負なら柳生新陰流免許皆伝の晋作に、
剣術を習得していない品川が勝てるわけありませんね。
やるなら徒党を組んで暗殺でしょ?

さて、奥では銀姫がすねておはぎを作らないとダダをこねます。
で、なぜか謁見の間(?)でおはぎ作り。
そのおはぎを世子が賞味して「美味!」と褒められます。

同僚のは、なぜか情報通・・・。
小田村逮捕や晋作が追われていると美和に告げます。

晋作の妻のに手紙で、晋作の危機を知らせようとしますが、
手紙を渡す手段がありません。

考え抜いた挙句、銀姫に羊羹の作り方を教えて、
世子と銀姫の仲を取り持つ作戦を思いつきます。
・・なんで羊羹なんですかね~。
どうせフィクションなんだから、外郎にするべきじゃないのかな?
外郎にすれば、地域に貢献出来たでしょうに・・・。
(山口の外郎は美味しいよ~)

で、銀姫の手助けもあって、無事に雅に手紙を届けることが出来ました。
その手紙に何の価値があったのかは不明ですが・・・・。

でも、椋梨は晋作が逃げた原因を何故か美和のせいにして、
都美姫に告げ口しますが、そこへ無事にご懐妊した銀姫が現れ、
なし崩しに一件落着!?
まあ、大奥モノっぽいっちゃあ大奥モノっぽいですけど・・・。

来週は、史実なら三家老・四参謀の処刑や、
晋作の九州潜伏があるはずです。

晋作の九州潜伏といえば、野村望東尼が登場するはずです。
しかし、なんだかスルーしそうな予感・・・・。

野村望東尼は、晋作の時世の下句を作った事で有名ですが、
晋作の死後に望東尼を世話したのが、楫取素彦(小田村伊之助)です。

このドラマは、ぜんぜん関係ないところで小田村を活躍させまくってるのに、
数少ない小田村の功績をスルーする気でしょうか?
防府市もびっくりでしょうね。

ただいま 10 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。