花燃ゆ40

第四十回 「二人の母

ちょっと一旦時系列を確認しましょう。

元治元年  久坂玄瑞死去。
        秀次郎誕生。
慶応元年  道明(久米二郎)、久坂家を継ぐ。
        杉百合之助死去。
        文(美和)、銀姫付きの女中となる。
明治二年  品川弥二郎が、秀次郎を久坂の子と認定。
        諸隊の反乱。
明治三年  諸隊の反乱鎮圧。
        辰治再婚。
        楫取素彦、二条窪に移る。
        美和、銀姫の御側女中になる。
明治四年  毛利敬親死去。
明治五年  楫取素彦、足柄県に赴任。
明治九年  楫取素彦、群馬県令。
        萩の乱。
明治十三年 秀次郎、久坂家を継ぐ。

「花燃ゆ」が今一体何年の話なのか・・・。
とにかく秀次郎が杉家に来ました。

しつけがなっていないヤンチャな秀次郎に、杉家の人々は手を焼きます。
玉木文之進は、松陰をあれだけシバいていたのに、
丸くなられたもんです。歳でしょうか?

一方、楫取素彦は懸命に二条窪の開墾に精を出します。
前も言いましたが、こんな岩場を開墾するのは無理でしょう。
二条窪はこんな場所ではありません。

新政府には長州人しかいないようで、
木戸、伊藤、野村の3人は「あの人が居たならば・・・」と、
楫取素彦を欲します。まるでスーパーヒーローですね。

秀次郎はいつの間にかいい子になって、
読み書きやお手伝いが出来るようになります。
こんな早くにおりこうさんになるなら、はじめのヤンチャな設定いる?

で、なぜか美和は辰路に秀次郎を返してしまいます。
なにそれ?おいおいせっかく馴れたとこなのに・・・
子供の心をもてあそびすぎ!

なにこの回?厄介な秀次郎という存在を処理する回だったのね・・・。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。