花燃ゆ35

第三十五回 「孤高の戦い

第二次長州征伐(幕長戦争・四境戦争)が始まりました。
ここに来て初めて敵方の描写がありましたね。

色々と勉強しているようで全くしていないのが、「花燃ゆ」の脚本家です。
テロップで紹介された幕府軍総督徳川茂承(紀州藩主)は広島には行っていません。
徳川茂承は再三の先鋒総督の要請を断り、
最終的に先鋒総督名代として、家老の安藤直裕を派遣しています。

この総督要請を断り続けた理由は、第一次長州征伐の時、
征長総督を徳川慶勝(尾張藩)交代させられ、恥をかかされたからと云われています。

小田村伊之助は、広島に赴いて時間を稼ぐと言っています。
「そうせい!」と許可をもらって広島に行くのですが、さっさと捕まってしまいます。
実際に山県半蔵の副使として広島に向かい、2ヶ月近くの時間稼ぎに成功して、
まあまあ役に立っていたのですが、簡単に捕まると時間稼ぎにもなりませんねぇ。

一方、奥御殿では、皆が私も戦うと息巻いている中、
美和は「私は逃げます」とKY発言
興丸様」の名前を出して上手い事皆を納得させた美和は、
軍師のように山口が攻められた時の戦術を披露します。
松陰の講義を聞いたからってそんな事出来ないと思うのですが、
心の広い銀姫様は納得のご様子です。
ちなみに都美姫の鎧は本当に作っていたようで、現在も残されています。

そして、幕長戦争が開始されます。
大島を攻めた幕府軍に対し、晋作の丙寅丸第二奇兵隊が撃退。
芸州石州と各地でも幕府軍を撃退します

一方、美和は奥の連中に畑仕事をさせるという暴挙に出ます(笑)。

晋作の妻は、晋作に妾がいると美和に相談し、
久坂も妾がいただろうと聞かれると、何のプライドが違うと嘘をつきます。
挙句、雅は妾の件で、晋作に愛想が尽きたというようなそぶりをしますが、
美和の説得で思いとどまります。

脚本家は女性のはずですが、どうして雅を貶めるような事をするのでしょう。
雅はそういう女性ではないはずです。
雅のあのキャラ設定で愛情が薄いと、ただのバカ女に見えます。
待つ女イメージの雅を大胆なキャラ設定にしたのは、
はじめ面白いなと思ったのですが、残念ながらなんら意味は無く、
ただの脚本家の気まぐれだったようです(既に期待はしてませんでしたが・・)。

そして、小倉戦争
病を押して戦の指揮をとる晋作。苦戦の末、小倉城は落城します。

戦勝に喜ぶ奥御殿。
都美姫は、美和の今回の働きを評価し、中老に任じます。
はて?美和は何かした?

奥内の戦意を喪失させ、来もしない幕府軍への戦略を練り、
奥御殿で薬袋を大量に作らせ、挙句に奥御殿の庭に野菜の種を植える(しかも肩身)。
何の役に立ったんでしょ?

さて、高良健吾の晋作が病的で、とっても良い味出してました。
雅の晋作に妾がいると告白する前の表情も良かった。
役者はすっごく頑張ってます・・・・。
でも、陳腐になるのは脚本のせいです。

来週は、美和が晋作に会いに行く模様・・・・。
もういい加減にしてくれ!

ただいま 13 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。