花燃ゆ49

第四十九回 「二人の再婚

あまり恋愛ドラマを観る事が無いので、偉そうな事を言うのは控えたいのですが、
花燃ゆ」は恋愛ドラマとしても微妙なのではないかと思うのです。

久坂が死んでから数話までは、久坂の死を悲しんでいる様子は感じられたのですが、
それ以降なんら久坂の事を引きずってる様子は感じられず、
きれいさっぱり前夫の事など忘れてよろしくやってる風にしか見えませんでした。

途中より楫取素彦との不倫関係なのではないかとにおわすように、
「ついていく」だの「支えていく」だののセリフを散りばめ、
相思相愛の関係っぽく描かれ、操を立てる事なんて毛頭考えていない美和と、
妻がいながらその妹をやたらと特別視する楫取が、
視聴者(最低でも僕は)を不快にさせるだけでした。

唯一その状況をよく思っていなかった久米次郎は、
今回いきなり訪ねてきて、その反発心を自己解決してしまいます。

これで後顧の憂いなく美和と結婚できるようになった楫取は、
プロポーズなのかなんなのかわからない言い回しで美和にプロポーズします。

美和は秀次郎が正式に久坂家を継ぐということで、
一時萩に帰ります。美和にしても後顧の憂いはなくなりました。

母と相談して楫取のプロポーズを受けることのした(?)美和は、
群馬に戻って大事に取っていた久坂の手紙を燃やそうとしますが、
そこに楫取が現れ久坂を忘れる必要はないと、手紙を燃やすのを止めます。
そしてもう一度「妻になってくれ」とプロポーズし、美和もそれを受けました。

今まで全然久坂を思い出すこともなかったのに、
この回になっていきなりそういう行動をとってもなんら説得力もなく、
ただただ寿と久坂がかわいそうだなと感じるだけでした・・・。

今まで恋愛ドラマを鑑賞することがあまりなかった僕ですが、
学生時代に読んだ未亡人の恋愛を描いた漫画「めぞん一刻」を思い出しました。
若くして夫に先立たれた響子という女性が、アパートの管理人をすることになり、
そこの住人の五代という浪人生とドタバタ劇の末、結婚するというお話なのですが、
優柔不断ながらも一途に管理人さんを思い続ける五代に、
はじめは夫に操を立てて相手にしなかったが、だんだんと意識するようになり、
五代の就職内定と共にプロポーズを受けるという話です。

この中の感動的なシーンに、無き夫の墓の前で五代が、
正直言って、あなたが妬ましいです。遺品返したところで、響子さん、
あなたの事忘れないと思う。だけど俺、なんとかやっていきます。
初めて会ったときから響子さんの中にあなたがいて、そんな響子さんを、
俺は好きになった。だから、あなたもひっくるめて響子さんをもらいます
」。
と言うシーンがあります。
これは漫画における名シーンとして語り継がれていますが、
やはりそれには過程が必要なわけで、色々なエピソードを経てそこに至るから、
読者は皆、感動できたのです。

今回の「手紙を焼く~プロポーズ」のシーンも似たようなものですが、
過程が全く無いだけに陳腐としか感じられないものになってしまいました。
今まで久坂の「く」の字も出さなかった美和がいきなり手紙を焼こうとしても、
なんら視聴者は共感することはないでしょう。
仮に冒頭か話末に「旦那様」の出だしで語りを毎回入れるなど、
久坂の事を引きずっていると視聴者に少しでも思わせるような演出でもあれば、
少しは違ったかもしれませんね。

美和が久坂の手紙を残していたのは本当の事で、
楫取がその手紙を「涙袖帖」としてまとめたのは有名な話。
楫取素彦と再婚する際にこれを持っていくことを条件としたとされます。

久坂の「く」の字も出さなかった美和でしたから、
語られるとおり手紙を焼くより手紙を持って行くこと条件とした方が、
まだ好感が持てたのではないでしょうか?

で、無事結婚が決まるとほどなくして鹿鳴館への招待が・・・・。
最終話へのおぜん立てが整いました。

次でやっと最期だ!早く総評が書きたい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。