花燃ゆ25

第二十五回 「風になる友

クリエイタ-と呼ばれる人種は、どの業種でも「他と変わった事がしたい、
新しい事がしたい
」と考えがちです。
技術に裏づけされた自信のない者が、特にその傾向が強い。

なぜなら新しい事は、そんなにクオリティが求められないから・・・。
だから才能の無い者は、すぐに先駆者になりたがる。
先駆者が一番有名になれるしね。

それに比べ、既存のもののクオリティを上げるというのは、とても大変です。

しかし、新しいことなんてほとんど出尽くして、
斬新かつ既存のものより優れている事なんてそうそう無い。
それでも無理やり新しい事をしようとすれば、
変になってしまう以外にないのです。

前置きは長くなりましたが、
幕末史上最も有名かつ、日本史上でもかなり上位に入るであろう新撰組の、
一番の活躍の場であった池田屋事件
数多くの資料や創作物で、皆がその場面を知っています。

実際はさておき、素人が知る池田屋事件は、
近藤勇沖田総司永倉新八藤堂平助が踏み込み、
近藤が率先して階段を駆け上るというもの。
資料でもそう伝えていますし(正確には少し違う)、ドラマとしてもカッコいい。
これが完璧な形ではないでしょうか?

今回の池田屋事件では、したり顔の沖田総司が、
「近藤さんは下の階を・・・」と階段を駆け上ります。

何故???

わざわざそんな演出する必要があるのか?
誰もそんな事期待していない。
してるとすれば、演出家の独りよがりでしょう。
近藤が率先して階段を登るのは、「蒲田行進曲」の頃から出来上がったもの。
階段から転げ落ちる浪士もまた見もののひとつでしょう。

池田屋事件を素晴らしい出来にすれば、
「花燃ゆ」の評価はまた違ったものになったでしょうね。
それだけ重要な事件なのに・・・・残念。
新撰組ファンの評価を聞きたいものです。

さて、吉田稔麿が死んでしまいましたね。
彼の持つ可愛らしい槍(携帯用?)は、本当の事なんでしょうかね。
資料が無いのでわかりませんが、
あの短さでは、槍の良さが生かせないような気がします。
池田屋内部なら意外と役にたったかも?
沖田と絡むのかなと思ったら、全く絡みませんでしたね。

今回、山口の全体風景が映されましたが、雰囲気出てましたね。

地元の人も納得できるCGだったんではないかと思います。
萩の全体風景もかなりリアルだったですよね。
ああ・・・脚本・演出以外は素晴らしいのに~。

ただいま 9 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。