花燃ゆ13

第十三回 「コレラと爆弾

萩のコレラの流行は、他の地域に比べかなり深刻だったようです。
対馬や長崎が感染ルートだったようで、
対馬・長崎→下関→萩
という風に感染したようですね。
とはいえ、あまり志士達がコロリで死んだという話は聞かないのは、
コレラが空気感染せず、嘔吐物や排泄物からの感染が多かったからですかね。
武士が嘔吐物や排泄物を処理することは無かったでしょうしね・・・。

さて、ほっしゃん(今は星田英利に改名してますね)演じる小野為八が登場。
相変わらず変わったお顔立ちですが、
地雷火制作や洋式砲術、写真術やバターの製造、焼き物などに長けた
変人役にピッタリかもです。

久坂は京都に無断で向かい、梅田雲浜に会う。
この梅田雲浜。松陰が江戸に送られ斬首されるきっかけになる人物ですが、
来週その辺がどう語られるのでしょう?

小野為八が地雷火を河原で実験したのは史実。
萩市土原扇の芝というところで、爆破させました。
でも、このあと役人に捕まり自宅謹慎になります(そりゃそうだ)。

ただいま 4 そうせい!

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48
49/50/総評一/総評二/総評三/総評四/総評五

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。